記事詳細

「血液1滴でがん診断」のバイオチップ特許めぐり法廷闘争勃発 ベンチャー企業が元共同研究者の大学准教授と対立 (1/2ページ)

 一滴の血液でがんの有無を診断できるとして注目されるバイオチップ「プロテオ」が法廷闘争に持ち込まれた。医療ベンチャー「マイテック」(神戸市)が、共同研究者だった昭和大学医学部の伊藤寛晃准教授に対し、チップの発明で特許権を共有していないことの確認を求めて東京地裁に提訴したのだ。多くの命を救う可能性を秘めたチップをめぐり、ベンチャー企業が大学准教授と対立する小説さながらの様相を呈している。

 プロテオは夫婦と子供で構成するマイテックが2016年に実用化に成功したバイオチップ。「過酸化銀メソ結晶」を金属板に表面堆積加工したチップに、がん患者の血液から分離させた血清を乗せると、がん細胞から出る「ヌクレオソーム」を吸着し、超早期のがんでもその有無を約3分で診断できるとされる。

 プロテオを用いたがん診断は現在全国38カ所の医療機関で導入され、保険適用外だが、約6万円で受診可能。マイテックが結果を分析し、がんの部位も特定可能にするなど、精度向上を目指している。

 訴状などによると、マイテックが有害物質の検出用として商品化していたチップをがん診断に応用するため研究を進めていたところ、伊藤氏から臨床試験の協力を持ちかけられ、12年12月、伊藤氏と「臨床試験で生じた成果の知的財産権はマイテックのみ」などと定めた覚書を締結。伊藤氏から提供されたがん患者の血液を使って臨床試験を重ね13年4月、ヌクレオソームの検出に成功した。

 検出方法を特許出願する際、今後の血液提供や学会での論文発表を期待し、伊藤氏を共同出願人としたところ、伊藤氏は昭和大のホームページなどでチップの発明を自身の功績と主張。16年1月に放送されたNHKの情報番組「サキどり」の収録では自ら発案したとアピールした。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース