記事詳細

不出馬意向の自民・谷垣氏、慰留の動きも 首相周辺は復帰後に衆院議長抜擢案

 自民党の谷垣禎一前幹事長(72)=衆院京都5区=は20日、次期衆院選に出馬しない意向を固め、党京都府連に伝えた。周辺議員を通じ、安倍晋三首相や二階俊博幹事長にも伝達した。関係者が明らかにした。ただ、慰留の動きもあり、府連などで今後の対応を協議する。

 谷垣氏は1983年の衆院選で初当選し、当選12回。財務相や国交相などを歴任し、自民党が下野した2009年に党総裁に就任した。党の政権奪還後も、法相や幹事長を務めていたが、昨年7月、趣味のサイクリング中に転倒して頸髄を損傷。その後は病院で療養を続け、公に姿を見せていなかった。

 安倍首相周辺では、谷垣氏が事故から復帰後、衆院議長に抜擢(ばってき)する案も練られていた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう