記事詳細

川端衆院副議長が政界引退を表明「体力、気力、能力に限界を感じ、終止符を打ちたい」

 川端達夫衆院副議長(72)=民進党、比例近畿=は21日夜、大津市内で記者会見し、次期衆院選には出馬せず、政界を引退する意向を表明した。「時代の変化の中で体力、気力、能力を発揮して重い責任を果たしていくことに限界を感じ、終止符を打ちたいと決心した」と語った。

 川端氏は昭和61年に初当選し、当選10回。旧民主党政権で文部科学相や総務相を歴任、民主党幹事長や国対委員長などを務めた。平成26年12月から副議長を務めている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう