記事詳細

日米首脳激怒!韓国、北に9億円人道支援で際立つ孤立化 米韓同盟や日韓関係に亀裂も (1/3ページ)

 安倍晋三首相は21日午後(日本時間22日未明)、ドナルド・トランプ米大統領と、文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領との3カ国首脳会談を米ニューヨークで開催した。「核・ミサイル開発」を強行する金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮に最大限の圧力をかける方針で一致した。ただ、日米両首脳は、韓国が直前に決めた800万ドル(約8億9000万円)相当の対北朝鮮人道支援に対し、「今がその時なのか」などと強い口調で詰め寄ったという。「従北」文氏率いる韓国の孤立化が際立った。 

 日米韓首脳会談の目的は、北朝鮮の暴走を阻止することだ。これまで、北朝鮮の核開発凍結や放棄をめぐり、1994年の「米朝枠組み合意」や、2005年の「6カ国協議による合意」が交わされてきたが、北朝鮮は合意を破って、裏で核開発を続けてきた。

 このため、トランプ氏は3カ国の昼食会の冒頭、北朝鮮と取引のある個人や企業、金融機関に対する制裁を強化する大統領令に同日署名したと発表した。大統領令は、核・弾道ミサイル開発の資金流入を阻止するのが狙いで、トランプ氏は「標的は北朝鮮ただ1国だ」と明言した。

 安倍首相も「(日米韓の)結束の強さを北朝鮮と世界に示す。核放棄に向けた戦略を議論し、次の行動につなげたい」と首脳会談で呼び掛けた。

 「世界の脅威」となり、国際的合意を裏切り続ける北朝鮮には、妥協を許さない「強い圧力」が不可欠だ。

 ところが、韓国が日和った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース