記事詳細

中国当局、前甘粛省トップの党籍を剥奪 汚職などの重大な規律違反

 中国共産党中央規律検査委員会は22日、汚職などの重大な規律違反があったとして、甘粛省トップだった王三運・前同省党委員会書記の党籍を剥奪し、事件を司法機関に送ると発表した。

 規律検査委によると、王氏は、党中央の重要な決定に消極的な対応をしたり、幹部人事で他人に便宜を図る見返りに金品を受け取ったりした疑いがあるという。

 王氏は党のエリート青年組織、共産主義青年団(共青団)出身。習近平国家主席(党総書記)は10月の党大会を前に共青団の影響力排除を進めている。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう