記事詳細

「世界は弱肉強食のジャングルと化す」北朝鮮、安保理の「二重基準」を非難

 北朝鮮国営の朝鮮中央通信は23日、国連安全保障理事会が北朝鮮の核兵器開発に対して制裁措置を加えるのは「二重基準の極みである」と非難する論評を配信した。

 論評は、安保理は「朝鮮半島と地域の情勢緊張の悪循環の根源である米国とその追随勢力が行う合同軍事演習については押し黙りながら、それに対処したわれわれの自衛的措置に対してはことごとく『制裁決議』」を加えていると指摘。

 また、核実験や弾道ミサイル実験が世界の平和と安全に脅威になるとする法的根拠は、国連憲章やどの国際法典にも定められておらず、実際に「われわれよりはるかに先にこのような実験・試験を行った他国が国連安保理でたった一度も問題視されていない」などと主張している。

 その上で、「国際舞台で二重基準を適用して自分らの世界制覇野望を実現しようとする米国の策動がそのまま容認されるなら、国際関係においては正義と真理が抹殺され、世界は必ず弱肉強食のジャングルと化す」と述べている。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース