記事詳細

旅客機から部品落下で車直撃!屋根がへこみ、窓ガラス割れる

 空から落ちてくるのはミサイルだけではなかったようだ。23日、KLMオランダ航空機から重さ約4・3キロのパネルが大阪市中心部の国道1号を走行していた乗用車を直撃した事故は、たまたまけが人がなかっただけで、一歩間違えば大惨事になりかねない。

 事故を発表した国土交通省は、航空事故につながりかねない重大インシデントに認定。同省航空局などによると、機体は関西空港発オランダ・アムステルダム行きのボーイング777-200で乗客乗員は計321人。

 23日午前10時40分に離陸し、高度2400メートル以上に上昇中にパネルが落下したとみられ、大阪市北区西天満3丁目で車に衝突した。車は屋根がへこみ、窓ガラスが割れるなどしたが、乗っていた女性2人にけがはなかった。

 落下したパネルは非金属の複合材で、縦0・6メートル、横1メートル。右主翼の付け根部分といい、離陸前の点検で異常は見当たらなかった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう