記事詳細

未承認の美容器無許可販売の疑いで大阪の会社社長ら逮捕 共犯1人の行方追う

 国内未承認の顔のしわ取り用の美容医療機器を無許可で販売したとして、大阪府警生活環境課は25日、医薬品医療機器法違反の疑いで、大阪市住之江区の美容機器販売会社「セイルインターナショナル」の社長、坂口時彦容疑者(62)ら2人を逮捕した。他に共犯の1人も同容疑で行方を追っている。

 医療機器は米国製の「サーマクール」。電磁波で肌の奥を刺激してコラーゲンを増やし、小じわやたるみを取る効果があるとされる。未承認の医療機器は医師が厚生労働省の許可を得て、個人輸入することは認められているが国内での販売や譲渡は禁じられている。

 逮捕容疑は昨年10月~今年1月、3回にわたり、東京都豊島区などにある3つの医療機関に、サーマクール3台を無許可で販売したり貸与したりした疑い。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう