記事詳細

海自「いずも」艦内で11人CO中毒 横須賀基地

 25日午前10時半ごろ、神奈川県横須賀市の海上自衛隊横須賀基地に停泊中のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」の艦内で、海自隊員ら11人が一酸化炭素(CO)中毒になり、病院に搬送された。横須賀地方総監部によると、いずれも意識ははっきりしており軽症。

 艦内では午前8時すぎから、民間業者がふん尿をためるタンク内の清掃中だった。作業員1人が体調不良を訴えたため、近くにいた隊員6人と他の作業員4人が助け出そうとして同じく気分が悪くなった。全員が病院でCO中毒と診断された。

 定期的な修理のために停泊していた。横須賀地方総監部が原因を調査している。 いずもは海自最大の艦艇で、安全保障関連法に基づき5月に初めて米軍艦艇の防護を実施。6月には南シナ海で米海軍の原子力空母ロナルド・レーガンと共同訓練をした。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう