記事詳細

【高須克弥 Yes!高須のこれはNo!だぜ】民進党は“場外攻撃”ばかり…建設的な議論もできないのに総選挙戦えるのか (1/2ページ)

 安倍晋三首相が解散総選挙の方針を固めたそうだね。長期政権を維持して、憲法改正に向けた議論を本格化させたいというのが念頭にあるのだろう。もちろん、そのためには改憲勢力を維持できるかがカギになってくるんだけどね。

 もっとも、ライバルであるはずの民進党は先細り状態だ。前原誠司さんが新代表になったけど、この苦境を挽回するのは厳しいだろう。むしろ今度の選挙では実力者ですら落選してしまう可能性があるよ。自民党の優勢は揺るがないんじゃないかな。

 東京では東京都議選で「都民ファーストの会」を圧勝させた小池百合子知事の支持票がどこへ向かうのかが注目される。小池都知事の参謀役だった若狭勝さんたちが立ち上げる新党が支持を集められるかどうかだろうね。

 まあこの場合でも、都議選で惨敗した自民党より民進党の方が神経を尖らせているんじゃないかな。だって、反自民である国民の受け皿が、すっかり小池都知事の勢力になっているんだから。

 そもそも小池都知事は元自民党だ。党を飛び出したことで都知事選で大勝利できたんだけど、憲法改正に前向きだし、復党という選択肢は可能性として十分あると思う。憲法改正を目指すという意味では、公明党よりも強力な仲間になるんじゃないかな。

 実際、安倍首相はよくやっている。諸外国の首脳会談にも積極的だし、何よりも経済が安定していて雇用も改善している。しかも北朝鮮がミサイル発射実験の姿勢を強めている状況下だ。ここで簡単に「政権交代」が実現するなんて、誰も思えないよね。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう