記事詳細

稲田朋美氏におじさん県議ら「守ってやらにゃ」と結束ムード

 国民の怒りを買ったスキャンダル議員たちが“恩赦解散”で再びバッジをつけようとしている。彼らこそ真っ先に「落選運動」の対象にすべき政治家である。選挙近しとなると、それまで身を隠していたスキャンダル政治家が殊勝な顔つきで姿を見せる。

 「福井のおっかさんとして頑張ってまいります」

 稲田朋美・元防衛相(福井1区)は9月19日、地元の敬老会回りでそう声をあげた。トレードマークの網タイツを封印し、この日は黒のパンツ姿だった。

 「福井県議会の自民党総会でお詫びしたときは、やつれきって痛々しかった。挨拶も涙目で声も細くてね。県議のおじさんたちは、“守ってやらにゃ”と結束ムードだ」(自民党県連関係者)

 稲田選対関係者も、「自民党候補が福井で落選する心配はない。熱心な自民党支持者に『朋ちゃん頑張って』と声をかけてもらって、徐々に自信を取り戻している」と語る。稲田氏にいまさら妙な自信を取り戻されても困るのだが。

 稲田氏と並ぶ都議選大敗の戦犯といわれた下村博文・元文科相(東京11区)。加計学園の秘書室長から200万円の献金斡旋を受けていた疑惑が都議選さなかに発覚し、地元・板橋区では元秘書の自民党都議2人がともに落選した。

 「落選した元秘書の1人は愛想を尽かして離反し、選挙組織はガタガタ。下村さんは小池百合子・都知事が衆院選に刺客候補を立ててくるかもしれないと戦々恐々としているようです」(地元区議)

 もっとも、それでも下村氏有利は揺るぎそうにない。

 「10月総選挙なら小池新党は間に合わない。党調査でも、今回の選挙は逃げ切れるという数字が出ている。こんなときに加計の話なんかできるわけないでしょ」(下村後援会関係者)

 疑惑に口をぬぐって“逃げ切り当選”作戦なのだ。

 ※週刊ポスト2017年10月6日号

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース