記事詳細

韓国、麻生氏「難民射殺」発言に強い不快感「極めて遺憾」

 麻生太郎副総理兼財務相が北朝鮮有事の際の武装難民対策を巡り「防衛出動や射殺」に言及したことに関し、韓国政府は26日、外務省報道官論評として「国粋主義的な認識を基にし、難民保護に関する国際法規にも外れたもので極めて遺憾だ」と表明し、強い不快感を示した。

 その上で「朝鮮半島情勢に関して誤解を生んだり、平和と安全に否定的な影響を与えたりしかねない言及を自制することを厳重に求める」と表明した。

 韓国の文在寅政権は、米朝の緊張感が高まる中で戦争の勃発は絶対に阻止すると強調している。韓国は憲法で北朝鮮も自国領と定め、北朝鮮住民も国民と見なしている。こうした人びとへの言及に強く反発しているもようで、日韓間の問題に発展する可能性もある。

 論評は麻生氏を名指しせず「日本の閣僚」とした上で、発言は「偏狭だ」とも批判した。

 麻生氏は23日、宇都宮市での講演で、日本に武装難民が押し寄せる可能性に触れ「警察で対応できるか。自衛隊、防衛出動か。じゃあ射殺か。真剣に考えた方がいい」などと述べ、野党や市民団体から批判が出ていた。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう