記事詳細

嫌がらせ!?平昌五輪公式HPの地図から「日本」消した 台湾、フィリピンあるのに…

 嫌がらせだとしても、度を超えている。韓国で来年2月に開幕する平昌(ピョンチャン)冬季五輪組織委員会の公式ホームページ(HP)の地図に、日本列島が記載されていないことが分かった。HPには、日本の竹島(島根県隠岐の島町)を韓国名の「Dokdo(独島)」と表記した地図が掲載されたことに日本政府が抗議したが、「Dokdo」と記された地図は今も載っている。ふざけた隣国になめられっぱなしでいいのか。

 問題の地図は、ウインタースポーツになじみのない国や地域の青少年を韓国に招待する「ドリームプログラム」を紹介したページに掲載されている。

 地図を見ると、世界5大陸に加え、フィリピンや台湾、パプアニューギニアといった島国もしっかりと載っている中、日本列島だけが抜け落ちている。ネット上では、「日本列島が跡形もなく消し去られる」「本番でも嫌がらせしてくるのは目に見えてる」などと騒ぎになっている。

 平昌五輪のHPでの嫌がらせは、今回に始まったことではない。今年初めには、HPの地図上に韓国が不法占拠している島根県の竹島を「Dokdo」、日本海を韓国呼称である「East Sea(東海)」と表記していたことが分かり、日本政府が抗議していた。しかし、HPには今も、竹島と日本海について「Dokdo」「East Sea」と表記された地図が載っている。

 韓国側のふざけた行動はHPにとどまらない。6月に来日した韓国国会の丁世均(チョン・セギュン)議長が大島理森衆院議長らと会談した際、平昌五輪への日本人観光客訪問を求め、「もし少なかったら、2020年東京五輪には1人の韓国人も行かせない」と言い放ったことが報じられた。

 北朝鮮の相次ぐ弾道ミサイル発射や核実験で、朝鮮半島情勢が緊迫する中、欧州各国には安全面を考慮し、大会参加を見送る動きも伝えられている。平和の祭典であるはずの五輪を利用し、政治的主張を続ける韓国に対し、日本政府は断固とした行動が必要だろう。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう