記事詳細

平昌五輪公式HP地図に日本列島が“復活” 五輪組織委「単純なミス」と説明も…

 いったい何だったのか。韓国で来年2月に開幕する平昌(ピョンチャン)冬季五輪組織委員会の公式ホームページ(HP)の地図に、日本列島の記載がなかった問題で、27日朝までは消えていた日本列島が、昼過ぎに何事もなかったように“復活”された。

 問題の地図は、ウインタースポーツになじみのない国や地域の青少年を韓国に招待する「ドリームプログラム」を紹介したページに掲載。世界5大陸に加え、フィリピンや台湾、パプアニューギニアといった島国もしっかりと載っている中、日本列島だけが抜け落ちていたことから、ネット上では、「これわざとでしょ?」「差別じゃないの?」「五輪憲章である『五輪を政治利用してはならない』っていう違反を犯してる」などと騒ぎになっていた。

 27日午前の記者会見でこの問題について聞かれた菅義偉官房長官は、「不適切だ」「韓国側に早急に是正を申し入れたい」と語り、不快感を示した。

 韓国に詳しい麗澤大の西岡力客員教授は「韓国はこれまで外交的な主張をすることはあっても、日本という国家の存在を否定するような行動は聞いたことがない」と話し、こう続けた。

 「日本の位置があるのに、日本列島を削ることは、大会組織委員会が日本を敵対視しているのではないかと疑わせる非礼な行為だ。日本政府は強く抗議すべきだ」

 五輪組織委はフジテレビの取材に「単純なミスだ」と説明。その後、同日昼過ぎに日本列島が“復活”した。ただ、同HPには、日本の竹島(島根県隠岐の島町)を韓国名の「Dokdo(独島)」表記の地図も掲載されており、日本政府が抗議をしたが、こちらはそのまま「Dokdo」と記され今も載っている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース