記事詳細

「糸魚川大火」の被告が起訴内容認める 建物被害は店を含む147棟

 新潟県糸魚川市で昨年12月に発生した大火で、業務上失火罪に問われた火元のラーメン店の元店主、周顕和被告(73)の初公判が27日、新潟地裁高田支部(石田憲一裁判長)で開かれ、周被告は起訴内容を認めた。

 起訴状によると、昨年12月22日、ラーメン店の調理場で中華鍋を火にかけたまま帰宅。鍋の中身を発火させ、店を含む147棟、計約3万平方メートルを焼損させたとしている。

 火は強い南風にあおられ、古い木造建築などが密集する地域で次々に燃え移り、約30時間後に鎮火した。建物の被害は全焼120棟、半焼5棟、部分焼22棟に上った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう