記事詳細

小泉純一郎氏、希望の党「関わらない」 衆院選出馬の可能性も否定 (1/2ページ)

 小泉純一郎元首相は27日午後、小池百合子東京都知事が代表を務める新党「希望の党」が掲げる「原発ゼロ」を評価した。都内で記者団の質問に答えた。ただ、「新党には関わらない」「選挙には関わらない」と語り、希望の党を支援する考えがないと明言した。自身の衆院選出馬の可能性も否定した。記者団との主なやり取りは次の通り。 

 --希望の党に参加、協力する考えはあるか

 小泉氏「私は『原発ゼロ』推進のためにやってるんだから。新党には関わらない」

 --小池氏から応援演説の要請を受けたらどうするか

 小泉氏「それはしない。講演はするけど、選挙には関わらない」

 --次期衆院選への出馬もない?

 小泉氏「私が? お受けするわけないでしょ。もう政界引退したんだから」

 --(昨年7月の)東京都知事選から今回の国政新党代表就任までの小池氏の動きはどのように映っているか

 小泉氏「度胸がいいというか、たくましいというか。たいしたもんだよ」

 --小池氏は何を見据えていると思うか

 小泉氏「みんな想定外のことやっているから、分からない」

 --小池氏にアドバイスしたとか?

 小泉氏「知事の任期は勤め上げた方がいいと言っている」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう