記事詳細

北拘束後死亡の米学生、拷問の跡 両親「歯にペンチの形跡」

 【ワシントン=黒瀬悦成】北朝鮮を旅行中に拘束され解放後に米国で死亡した大学生、オットー・ワームビアさん(当時22歳)の両親が26日、FOXニュースの番組に出演し、ワームビアさんには北朝鮮当局から拷問された跡があったことを明らかにした。ワームビアさんが6月19日に死去後、メディアのインタビューに応じるのは初めて。

 両親によると、ワームビアさんが1年5カ月ぶりに昏睡(こんすい)状態で解放され、6月13日に米中西部の空港に到着した際、担架に固定された状態で異様なうなり声を上げ、体を激しくけいれんさせていた。また、目が見えず耳も聞こえなくなっており、鼻に栄養チューブが挿入されていた。さらに、下側の歯がペンチのようなもので無理やり動かされた形跡があったとしている。

 北朝鮮当局は過酷に扱ったことはないと主張しているが、父親のフレッド氏は「北朝鮮はテロリストだ。彼らは意図的にオットーを傷つけた」と強調。両親は北朝鮮の行動は「弁解の余地はない」とし、北朝鮮をテロ支援国家に再指定するよう求めた。

 トランプ大統領は26日、ツイッターでインタビューを称賛した上で「オットーは北朝鮮から信じがたいほどの拷問を受けた」と非難した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう