記事詳細

新東名高速、最高速度110キロへ 11月から試験的実施

 警察庁は28日、新東名高速道路の新静岡インターチェンジ(IC)-森掛川ICの上下約50キロについて、11月1日から最高速度を試験的に110キロへ引き上げると発表した。東北自動車道の花巻南IC-盛岡南ICでも引き上げる方針で、岩手県警などが開始時期を検討している。

 100キロ超に最高速度が引き上げられるのは、専門家らによる研究委員会の提言を受けた措置で、国内最初の高速道路である名神高速が開通した1963年以降で初。

 警察庁の担当者は「少なくとも各シーズンを通じた1年間は試行を続け、交通事故や実勢速度の変化を分析する。その上でほかの路線や区間の引き上げを検討する」と話している。

 ただし、大型貨物車については、80キロ規制のまま据え置かれており、一部の規制区間では片側3車線あるうちの左端の第1通行帯を走行しなければならない。追い越しをするときなどは、中央の第2通行帯へ出ることが認められる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう