記事詳細

民進、希望との合流決定 前原氏、小池知事と会談へ

 民進党は28日の両院議員総会で、前原誠司代表が提案した新党「希望の党」(代表・小池百合子東京都知事)へ合流することを決定した。衆院解散を受け、民進党所属の前衆院議員は前原氏を除いて基本的に離党した上で希望の党に参加する。前原氏自身は党代表として残り、合流を巡って近く小池氏と会談する方針だ。総会後、小川淳也役員室長らが明らかにした。

 希望側は、民進党から合流する衆院選立候補予定者への公認付与について対象を選別する意向を示す。小池氏の対応が焦点となる。

 希望の細野豪志元環境相は、候補者の公認調整や公約策定は小池氏に一任しているとした上で「安全保障関連法の白紙撤回を言い続ける人は厳しい」と述べた。個人名には言及しなかった。国会内で記者団に明らかにした。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう