記事詳細

「性拷問を受けた」との証言も…北朝鮮は外国人に何をしているのか (1/2ページ)

 北朝鮮を旅行中に拘束され、1年5カ月ぶりに解放されるも帰国直後に死亡した米国の大学生、オットー・ワームビアさん(当時22歳)が拷問を受けたかどうかで、食い違う証言が出ている。

 ■ペンチで歯を抜く

 オットーさんの両親は26日、米FOXニュースの番組に出演し、ワームビアさんには北朝鮮当局から拷問された跡があったなどと語った。オットーさんが6月19日に死去後、両親がメディアのインタビューに応じるのは初めて。また、トランプ米大統領は同日、ツイッターでインタビューに言及し「オットーは北朝鮮から信じがたいほどの拷問を受けた」と非難した。

 インタビューによれば、オットーさんの身体には原因不明の負傷が数多く見つかった。下の歯は並び替えられたような痕があり、右足には大きな傷痕が残り、両手両脚は「完全に変形した」状態だったという。

 ところが翌日、これを否定する証言が出てきた。AFP=時事は28日、次のように報じた。

 〈米国人学生オットー・ワームビア(Otto Warmbier)氏(当時22)について、司法解剖を行ったオハイオ(Ohio)州の監察医は27日、同氏が拷問を受けた明らかな痕跡は見つからなかったと発表した。(中略)骨折や歯の損傷もみられなかったと述べた。〉

 ちなみに、オットーさんの遺体は両親の意向により、司法解剖が行われなかった。この記事は「検視」と訳すべき部分を、時事が誤訳したようだ。

 いずれにしても、両親と監察医の証言は食い違っている。果たして、どのように解釈すべきか。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース