記事詳細

小池氏、民進出身者の合流巡り公認申請自ら選別「絞らせていただく」

 新党「希望の党」代表の小池百合子東京都知事は29日の記者会見で、衆院選(10月10日公示-22日投開票)を巡り、合流する民進党出身者からの公認申請に関して小池氏自身が選別し、最終決定する意向を表明した。「安全保障や憲法観といった根幹部分で一致するのが必要最低限だ」と指摘した上で「絞らせていただく。『排除しない』のではなく、排除する」と述べた。

 民進党側は、全党的な合流を目指している。民進、希望両党は候補者の調整を加速させた。

 希望は小池氏側近の若狭勝前衆院議員、民進党は総合選挙対策本部長代行の玄葉光一郎元外相が29日、都内のホテルで協議した。玄葉氏は会談後、記者団に「途中経過は一切公表しない。30日も協議する」と述べた。

 双方は、若狭氏と階猛民進党政調会長の間で、公約策定へ向けた政策面の協議にも入りたい考えだ。

 小池氏は会見で、日本維新の会との連携について「維新とは(政治)手法やテーマは若干違うが、改革の考え方が重なる」として、各選挙区の事情に応じて候補者調整する意向を示した。

 候補者の選別を巡っては、希望の細野豪志元環境相が28日に「三権の長を経験した方々はご遠慮いただく」と明言。「安全保障関連法の白紙撤回を言い続ける人は厳しい」とも指摘していた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう