記事詳細

矛盾はらむ小沢氏、『希望の党』との合流目指す 小池氏拒絶「しがらみ政治」の権化的存在だが…

 小池百合子都知事を旗頭とする「希望の党」には、「壊し屋」で知られる自由党の小沢一郎代表も合流を目指している。だが、小沢氏は、小池氏が拒絶する「しがらみ政治」の権化的存在で、安全保障関連法に反対し、共産党も含めた連立政権構想の必要性を唱えた“前科”を持つ。「安保法制賛成」「非共産」の小池氏とは矛盾している。

 小沢氏は28日、「政権交代実現のため、野党は1つになって戦わないといけない。私どももその方向で結論を出したい」と記者団に語った。

 だが、小沢氏は安保関連法を「違憲立法を許すならば戦前の昭和史を繰り返すことになる」と批判し、同法廃止を目指す野党による「国民連合政府」構想の必要性で共産党と一致していた。

 小沢氏の合流は、新党の理念を壊しかねない。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース