記事詳細

閣僚で初の引責辞任にトランプ政権痛手 高額プライベートチャーター機頻繁利用で

 プライス米厚生長官は29日、出張で高額なプライベートチャーター機を頻繁に利用した問題の責任を取って辞任した。ホワイトハウスが発表した。税金の無駄遣いと厳しく批判された問題はトランプ政権で初の閣僚辞任に発展し、支持が低迷するトランプ氏に痛手となりそうだ。

 米メディアによると、プライス氏は5月以降、国内出張の際に一般の民間航空機ではなく高額なプライベートチャーター機を少なくとも26回にわたって利用し、計40万ドル(約4500万円)の公費を使ったとされる。

 辞任発表に先立ち、トランプ氏は29日、ホワイトハウスで記者団に、プライス氏のチャーター機利用は「不愉快だ」と重ねて強調していた。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう