記事詳細

中国国境で武器を密輸する“朝鮮幇”の縄張りを歩いた (1/3ページ)

 北朝鮮の相次ぐミサイル発射で、国連安全保障理事会はこれまでで最も厳しい対北制裁決議を採択した。だが、その効果は極めて低い。なぜならば、中国の朝鮮族を中心にした秘密結社組織「朝鮮幇(パン=マフィア)」が暗躍、北朝鮮と密貿易を繰り返しているのだ。ジャーナリストの相馬勝氏が中朝国境の遼寧省丹東に飛び、中国と北朝鮮を結ぶ地下経済の実態を取材した。

* * *

 中国の丹東市中心部から北朝鮮との国境となっている鴨緑江に沿って、車で1時間ほど河を遡ると、右手に小さな集落を形成する「河口景区」との大きな看板が見えてくる。1950年10月、共産革命を成し遂げた共産党の元老で、中国人民解放軍最高幹部の一人、彭徳懐元帥に率いられた中国人民志願軍が同年6月に勃発した朝鮮戦争に参戦。ここに架けられていた橋を渡って北朝鮮領に一歩を踏み出した記念すべき地だ。

 朝鮮戦争で戦死した毛沢東の長男、毛岸英も一兵卒として、彭徳懐に従って、他の兵士と渡河している。これを記念して、河沿いの遊覧船乗り場前広場には、軍服姿の岸英の銅像が建てられていた。

 橋は当時の米軍による空襲で、河の真ん中から北朝鮮寄りの部分が爆撃、破壊され、いまは3基の橋脚が無残な姿をさらしており、橋の機能は果たしていない。が、中国側の部分は現存し、河の中央部分まで400mほど歩いて渡ることができる。橋の両側には当時の志願軍の軍旗が20本以上もかけられ、川面を流れる風にたなびいていた。

 この橋は日本統治時代に建設されており、日本名は「清城大橋」だったが、いまは正式な名前はなく、「河口断橋」と呼ばれている。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース