記事詳細

進次郎氏が痛烈批判「希望は民進のコスプレ」「無責任のジレンマつくった小池さん」

 自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長が1日、小池百合子都知事のおひざ元に殴り込みをかけた。東京・練馬の豊島園駅前での街頭演説で、小池氏率いる「希望の党」と小池氏について、「まるで民進党のコスプレだ」「今回の選挙は『責任対無責任』の構図だ」などと痛烈に批判した。

 進次郎氏はまず、小池氏の側近、若狭勝衆院議員が安保関連法案の採択に欠席しながら、希望の党に公認申請した民進党出身者に「安保関連法への賛同」を条件にしたことの矛盾を指摘した。

 さらに、小池氏の衆院選出馬が取り沙汰されていることにも言及し、「出れば、昨年都知事になった中で都政を投げ出す無責任。出なければ、代表なのに(衆院選で勝っても)首相になれないので無責任だ」と発言。そのうえで、「無責任のジレンマをつくった小池さん、どちらかの無責任を取りましょうよ」と挑発した。

 希望の党が掲げる「しがらみのない政治」についても、「地域社会にはいろいろな人の支えがあり、助け合いがある。しがらみと絆はコインの裏表だ」と指摘した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース