記事詳細

押収の北朝鮮製武器、エジプト向けだった ロケット弾3万発は過去最多

 米紙ワシントン・ポスト電子版は1日、エジプト沖で昨年8月に拿捕された船舶から見つかった北朝鮮製携行式ロケット弾約3万発の買い手がエジプト国内の企業だったと報じた。国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会専門家パネルの調査内容を知る複数の外交筋の話としている。

 北朝鮮製の同種の武器押収量として過去最多とされ、最終目的地はどこだったのかに注目が集まっていた。米当局者によると、米政府がエジプトへの約2億9千万ドル(約327億円)の経済・軍事支援の削減や凍結を決めた背景の一つには、同国企業と北朝鮮との武器取引があったという。

 米当局は昨年7月に北朝鮮を出港した同船の動きを監視。同8月上旬、エジプト当局に外交ルートを通じて拿捕などの措置を取るよう要請し、武器の密輸が発覚した。船はカンボジアの国旗を掲げていた。

 米政府は北朝鮮の武器取引が核・ミサイル開発の資金源の一つになっているとして、取引を禁じた安保理制裁決議の履行を各国に強く求めているが、北朝鮮はエジプト、イラン、ミャンマー、キューバ、シリア、エリトリアのほか二つのテロ組織と取引を続けているとの情報があるという。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう