記事詳細

【海外こぼれ話】「どうしても投票したかった」酔っぱらった男の正体は…

 ドイツ総選挙で、酔っぱらった男(46)が投票所でどうしても投票したいと言い張ったが、指名手配犯と判明、警察がその場で拘束した。男は必要書類を持っておらず、選挙管理関係者が警察を呼ぶ事態に。駆け付けた警官が身元を確認した。(ベルリンAP=共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう