記事詳細

北メディア、河野外相「嘲笑を買っている」

 北朝鮮の朝鮮中央通信は2日、安倍晋三首相をはじめとする日本の政府当局者らを厳しく非難する論評を配信した。

 論評は、安倍氏が「『対話ではなく、圧力が必要だ』などと一場の演説をした、各国の首脳に会って『国際社会の連携』を鼓吹しながら国連の舞台を奔走した」と指摘した。

 また、河野太郎外相が「対朝鮮圧迫共助を哀願する醜態を演じて世人の嘲笑を買っている」と述べた。

 つづけて、「演説、テレビ放送出演、首脳会談、電話対話など対象と場所、手段と方法を選ばずわれわれに対する『最大の圧力』を言い散らす日本政客らの行為は実に狂的な騒動だと言わざるを得ない」と主張した。

 さらに、「米国の対朝鮮圧殺策動に便乗して日本がしつこく起こしている制裁・圧力騒動は、われわれの対応を『誘導』して朝鮮半島情勢を引き続き緊張させようとするところに目的がある」と強調した。

 その上で、「朝鮮半島情勢の緊張をあおり立てる日本の反共和国制裁・圧力騒動はすなわち、日本列島に核の雲をもたらす自滅行為である」とし、「いったん、火がつけば瞬く間に全日本列島を呑み込むようになるということは、あまりにも自明の事実である」と警告した。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース