記事詳細

正男氏殺害の2被告、争う構え 初公判で無罪主張、母国では同情論も (1/2ページ)

 【シャーアラム(マレーシア)=吉村英輝】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、実行犯として殺人罪で起訴された女2人の初公判が2日、首都クアラルンプール近郊のシャーアラム高裁で開かれた。2人は無罪を主張し、弁護士は検察側と争う構えを鮮明にした。

 「裁判を求めます」。傍聴者によると、ベトナム国籍のドアン・ティ・フオン被告(29)と、インドネシア国籍のシティ・アイシャ被告(25)は通訳を通じ、神妙な面持ちで裁判官にこう訴えた。

 弁護士によると、それぞれ自国の言葉で無罪を主張しており、裁判官にも伝えられたという。

 シティ被告の弁護士は、「被告は、内容を理解し、落ち着いて公判に集中できていた」と振り返った。

 起訴状によると、両被告は、今年2月13日午前9時ごろ、北朝鮮国籍の男4人と共謀、クアラルンプール国際空港の出発ロビーで正男氏を殺害したとされる。

 計画的な殺人罪で有罪となれば死刑となる。両被告とも警察の調べなどに、「いたずら動画に出演すると思っていた」などと、殺意を否認してきた。

 インドネシアではシティ被告の父親が「(娘は)使われただけだ」とメディアに訴え、ベトナムではドアン被告を応援するための募金活動が展開されるなど、それぞれの母国では同情する世論が広がる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう