記事詳細

中国の大学生 約半数が「在学中に恋愛なし」のデータも

 これも経済停滞の影響なのか日本の若者は恋愛に奥手になっていると言われるが、実は経済成長著しい中国でも似たような構図はあるのだという。現地の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏がレポートする。

* * *

 中国人は内気である--。

 こんなことを言われも多くの日本人は戸惑うかもしれない。なぜなら日本人は、日本を訪れた中国人観光客が、どこでも大声で会話し、どんな場所にいっても物おじしないというたくましい姿を見慣れてしまったからだ。

 だが、実際には「中国人」と一括りにいってもいろんな人がいる。また、世代によってもさまざまな特徴を備えていて、一概に断じることは困難だ。なかには、日本人以上に日本人のイメージに近い中国人もいる。そんな一方の事情が理解しやすくなるような話題を取り上げているのが、8月23日付『広州日報』である。

 記事のタイトルは、〈七割近くの大学生には恋人がいない その主な原因は、“内気な性格”のせい〉である。

 いまどきの中国の大学生事情を扱ったものだが、その根拠となっているのが四川省をベースに活動する教育関連のシンクタンク「麦可思(研究院)」の発表した「2017大学生感情状態調査」である。同社は、毎年「就業青書」を出していて、その2016年版では、大卒者の約四割が3年以内に転職している実態を紹介して話題になったことがある。

 今回の調査の結果は主にタイトルのままだが、その他で気になったデータでは、48%の大学生が大学在学中に恋愛したことがないと答えていることだ。

 タイトルになった内気な性格というのは、自己分析による回答結果である。アンケートに答えた大学生のうち、68%が「恋人がほしい」と答えているものの、実際には一歩が踏み出せていないということだ。こうした調査結果には、日本人も共感できるのではないだろうか。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース