記事詳細

日本は影響なし 米ヤフーの30億人情報流出、原因不明で懸念の声も

 米検索大手ヤフーの全利用者が作成した約30億件のアカウントに関連する個人情報が流出していたことが3日、分かった。米メディアによると、個人情報流出では過去最大規模となる。2013年8月にヤフーのネットワークに不正侵入した第三者によって盗まれたとみている。

 流出した情報には利用者の氏名や電話番号、生年月日などが含まれており、利用者にはパスワードの変更などを呼び掛けている。クレジットカードや銀行口座の情報は含まれないという。

 日本のヤフーは「日本のサービスはブランドを借りて独立して展開しており、個人情報の流出はない」と説明している。

 流出した詳細な原因は明らかになっていない。不正侵入から時間もたっており、インターネット業界の他の企業でも同様の問題がないのか、懸念の声が出そうだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう