記事詳細

「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危機感と怒り (2/2ページ)

 北朝鮮のある幹部はRFAに対し、「核保有で人民に強いリーダーというイメージを植え付けようとしていた金正恩の戦略は失敗した。核戦争への恐怖が倍増し、金正恩の指導力への不信感が高まりつつある」とも述べている。

 また、「中朝国境地域を除く主要都市、特に平壌の住民が感じる恐怖感は他の地域より大きい」とも語っているが、平壌のデイリーNK内部情報筋は、今にでも戦争が起きるという雰囲気は感じられないと伝えている。地域や立場によって雰囲気に大きな差があるようだ。

 (参考記事:「アメリカ軍に勝てるはずない…」北朝鮮の幹部に動揺広がる

 戦争の危機を煽って内部統制を図るのは北朝鮮当局の常套手段だが、庶民達もいつまでも当局のプロパガンダに騙されているわけではない。北朝鮮国営メディアは、トランプ氏の強硬発言を「戦争のほら」という表現で非難、揶揄するが、金正恩氏の言動も似たりよったりということだ。

 (参考記事:経済制裁が北朝鮮の国民生活を直撃…「核開発は不愉快」庶民感情が悪化

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース