記事詳細

茨城・日立市アパート放火 妻子6人殺害か 父親逮捕、長女に刺し傷も

 6日午前5時ごろ、茨城県日立市の3階建て県営アパートで火災があり、1階の部屋で男児とみられる4人と成人女性1人の遺体が見つかった。ほかに女児(11)も搬送先の病院で死亡が確認された。この部屋に住む男が「自宅に火を付けた」と日立署に自首。女児に複数の刺し傷があったため、署は女児への殺人容疑で自称会社員、小松博文容疑者(32)を逮捕した。

 県警によると、部屋には小松容疑者の妻(33)と女児のほか、3歳2人と5歳、7歳の男児4人が住んでいた。5人の遺体はいずれも、同じ和室で見つかり、身元確認を進めている。小松容疑者もやけどを負った。

 逮捕容疑は同日午前4時半ごろ、自宅で女児を殺害した疑い。小松容疑者は妻子6人の殺害をほのめかす供述をしているという。

 地元消防によると、消防車や救急車など約10台が出動し、午前5時50分ごろ鎮火した。

 同じアパートの住人によると、妻子は約3年前に引っ越してきて、小松容疑者もその後一緒に暮らすようになったという。小松容疑者は日立市内の自動車関連会社に勤務していたが、9月下旬に、妻の体調が悪く入院するため、しばらく会社を休むとメモ書きを残したまま出社していなかったという。

 現場はJR常磐線小木津駅の南西約1・5キロで、築40年近い3階建てなどのアパートが約20棟立ち並ぶ団地。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう