記事詳細

【ここがヘンだよ!日本】日本経済を揺るがす通貨信認危機 行き詰まり始めた日銀「異次元緩和」 (1/2ページ)

★(5)

 いわゆる日本銀行の「異次元緩和」が行き詰まり始めている。

 そもそも、「異次元緩和」とは何なのかというと、その名の通り、「インフレ率2%を目標に、金融環境をこれまでとは異次元なほどに緩和的な状態にするための政策」である。

 その主要な政策は、日銀による長期国債の買い入れだ。当初(2013年4月)は年間50兆円規模のペースで、途中(14年10月)から、年間80兆円規模で買い入れることとした。

 ただ、政府の国債を中央銀行が直接引き受けることは、財政規律の観点から原則として禁じられている。このため、実際の取引は政府が発行した国債を一時的に銀行が買い受け、それをすぐに日銀に売り、若干の利ざやを取るという形の際どい取引が行われている。

 結果として、日銀の長期国債保有残高は、13年3月の黒田東彦総裁就任時、91兆円だったが、16年12月には362兆円にまで拡大した。16年度末の日本の長期国債の発行残高は845兆円なので、この時点で40%以上の長期国債を日銀が保有していたことになる。

 このまま年間60兆~80兆円のペースで金融緩和が進めば、7~10年後にはすべての国債を日銀が保有する計算になる。

 では、異次元緩和の結果はどうだったのか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう