記事詳細

【大学で学ぼう】世界最先端の技術駆使、芝浦工業大学で土木の現場を体感できるぞ

★芝浦工業大学

 オープンテクノカレッジで開講する興味深いテーマの講座を紹介しよう。

 「体感!土木の現場最前線!! ~社会を支える土木の力~」(全1回・1500円)。写真や映像を用いて土木構造物の目的と役割を解説する。実習では、世界最先端の技術を駆使した、壮大な現場に潜入する。場所は当日までのお楽しみ。

 「ブレイン-コンピューター・インターフェースが開く未来 ~情報通信技術の最前線~」(全1回・1000円)。同大の研究室で開発したBCI(ブレイン-コンピューター・インターフェース)による電動車椅子、家電、ゲーム操作などを紹介し、その仕組みをひもとく。そして、生体情報を扱う情報通信工学の未来について考える。

 「宮廷建築家片山東熊~日本の建築を追求した人生~」(全1回・1000円)。2009年に赤坂迎賓館(旧東宮御所)が、国宝に指定された。その建築家が片山東熊氏だ。本講座では、片山家に残された史料から、彼が目指した建築について、解き明かしていく。

 このほか、「IoT(Internet of Things)によるパラダイムシフト ~“モノ”がネットワークにつながる新しい社会!~」(全1回・1000円)などがある。

 ■芝浦工業大学 地域連携・生涯学習センター 東京都江東区豊洲3の7の5 (電)03・5859・7120。問い合わせ時間は平日9時30分~17時。※申し込みはウェブサイト、メール、電話で。抽選の記載のない講座については、先着順で受け付け、定員になり次第、締め切り。日程、申込締切日、受講対象者、会場などの詳細は、ホームページを参照。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう