記事詳細

【激闘10・22衆院選】枝野氏、まさかの大接戦 選挙プランナーらが分析 首都圏全46区「当落リスト」 (1/2ページ)

 10・22衆院選がヒートアップしてきた。北朝鮮情勢が緊迫するなか、「自公与党vs希望、維新vs共産、立憲民主、社民」の3極激突は、安倍晋三首相(総裁)率いる自公与党が300議席をうかがう勢いだ。小池百合子都知事(代表)の希望の党は失速気味だが、個別の選挙区はどうなっているのか。無党派層が多く、票が読みにくい埼玉、神奈川、千葉の計46選挙区を選挙プランナーの松田馨氏と、政治評論家の小林吉弥氏が分析した。

 「民進党の希望の党への合流構想が出た当初、無党派層の支持を受け、東京・首都圏を席巻すると思われたが、今は見る影もなくなってしまった。民進党が希望の党、立憲民主党、無所属に分裂したことで、反自民党票を野党同士で食い合う構図となってしまった」

 松田氏は、埼玉と神奈川、千葉の各選挙区の特徴をこう分析した。

 まず、埼玉5区が壮絶な死闘となっている。

 ここは、小池氏の「選別・排除」路線に反旗を翻し、立憲民主党を立ち上げた枝野幸男代表の地元だ。事実上、自民党の牧原秀樹元環境政務官とのガチンコ勝負である。

 枝野氏は、党の仲間を応援するため、全国を駆け回り、「まっとうな政治を取り戻す」などと訴えている。この選挙区に希望の党は「刺客」として、同じ弁護士の高木秀文氏を送り込んだ。

 報道各社の情勢調査の中には「先行・牧原氏、追う枝野氏」というものもある。10ポイント近くも引き離されているのだ。枝野氏が勝っている調査もあるが、5ポイント以下というケースも。代表就任でメディアに露出しているが、序盤戦では「枝野氏=接戦、落選危機」なのだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース