記事詳細

新燃岳が再び噴火 気象庁は熊本、宮崎、鹿児島で灰が降ると予想

 14日午前8時23分ごろ、宮崎、鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳(1421メートル)が、再び噴火した。灰白色の噴煙は、直後に火口から約2300メートルまで上昇。煙の色も濃い灰色に変わっていった。気象庁は、火口から半径約2キロの範囲で噴石や火砕流に注意するよう呼び掛けている。

 宮崎県や鹿児島県などによると、けが人を含め被害情報は入っていない。

 11日に約6年ぶりの噴火があり、噴火警戒レベルは2(火口周辺規制)から3(入山規制)へ引き上げられた。12日には火口からの噴煙の高さが約2千メートルに達したが、同庁は13日午後に連続噴火が停止したとみられると発表していた。

 麓の宮崎県高原町は、一部の地域で降灰を確認。小雨が降っている場所もあり、総務課の男性職員は「火山灰が水を吸って固まってしまう可能性がある」と懸念した。同県小林市のキャンプ場では、営業に向けて積もった灰の除去作業に当たった。運営者の巣山正明さん(44)は「これからどうなるのか…」と困惑気味だった。

 気象庁は、熊本、宮崎、鹿児島の3県で灰が降ると予想。新燃岳から北東約100キロの宮崎県延岡市まで、灰が届く可能性があるという。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう