記事詳細

民進再結集論、小川氏火消し 前原氏「有権者を愚弄」

 民進党の小川敏夫参院議員会長が、衆院選後に「民進党を大きな軸としてリベラル再結集」と訴えた自身の発言の火消しに躍起になっている。希望の党や立憲民主党の民進党出身者は離党届を提出した上で出馬しており、選挙後に再結集すれば有権者を欺く行為との批判が相次いでいるからだ。

 小川氏は自身のツイッターで「私の発言が『民進党再結集』と意図せぬ解釈になり、党を離れて新たに鮮明な旗を掲げた(立憲民主党の)枝野幸男代表らに迷惑をかけた」と釈明した。その上で、立憲民主党については「多くの仲間が結党に共感し、応援しているが、即合併や即合流という話はしていない」とした。

 枝野氏は14日、再結集論について「排除の論理を取らないのが結党の経緯だ。われわれの旗の下、同じ考え方の皆さんと勢力を広げたい」と述べ、党勢拡大に意欲を示した。都内で記者団に語った。自身のツイッターでは「選挙が終わったら元のさやに戻る話ではない」と投稿した。

 一方、民進党の前原誠司代表は14日、民進党出身者による再結集論を批判した。「これほど有権者を愚弄した話はない。希望の党で審判を受けたら、その政党でやるのは当たり前だ。再結集は絶対にやってはならない」と述べ、民進党の参院側も含めて希望の党への合流を進める考えを示した。埼玉県鶴ケ島市で記者団に語った。

 自民、公明両党も批判を浴びせる。自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は14日、神奈川県内の街頭演説で「選挙が終わったら一つになろうというのには驚いた。いくらなんでもひどい」と酷評し、公明党の山口那津男代表も盛岡市で記者団に「有権者をだます振る舞いだ」と語った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう