記事詳細

進次郎氏が「小沢王国」殴り込み 当の小沢氏は政治家人生初「無所属出馬」に焦り隠せず地元入り

 自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長(36)が13日、無所属で出馬する自由党の小沢一郎共同代表(75)のおひざ元、岩手3区に殴り込みをかけ、「世代交代」を強く訴えた。17選目を目指す小沢氏は危機感を強めたのか、公示後早々に地元入りし、かつての宿敵・共産党や社民党にまで頭を下げた。

 「これからの時代を背負っていくのはわれわれの世代。相手が強敵の選挙区で、当選を勝ち取るまで支えていこう」

 進次郎氏は13日、岩手県奥州市に集まった約600人の聴衆を前に熱弁をふるった。演説場所は、小沢氏の事務所のすぐ近くだった。

 同選挙区は、自民党公認で3期目を狙う弁護士の藤原崇前衆院議員(34)と、小沢氏が一騎打ちする激戦区。10日の公示日には、安倍晋三首相が街頭演説するほどの力の入れようだ。

 自民党の攻勢を受け、小沢氏は公示後4日目の13日、地元入りした。通常、選挙戦の序盤は、後輩の応援のため全国各地を回る小沢氏だが、画策していた「野党結集」に失敗し、政治家人生初の無所属での出馬に焦りを隠せないようだ。

 小沢氏は47歳で保守政党・自民党の幹事長に抜擢(ばってき)された。ところがこの日、盛岡市の共産党県委員会や社民党県連などを訪問し、支持を訴えた。共産党は綱領に「日米安保廃棄」「自衛隊解消」を掲げている革命政党である。

 政治家・小沢一郎の変化を感じさせた。

 小沢氏は「選挙情勢は厳しいし、『顔が見たい』という人も多い。4日目で地元に入るのは初めて」と記者団に語った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース