記事詳細

進次郎氏、希望に皮肉「唯一ぶれないのは安倍嫌いだけ」 候補者も痛烈批判

 自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は16日午前、佐賀2区の前職の応援で、佐賀県武雄市で演説した。希望の党に対し、「唯一ぶれていないのは、安倍政権が嫌いという一点だけだ」と皮肉った。

 小泉氏は、消費税増税を容認していた前原誠司民進党代表が、増税凍結を主張する希望の党への民進党合流を決断した点に触れ、「一体どこに信念もっているのかと思う」と断じた。

 舌鋒は、同区の希望の党の候補者にも向かう。「安全保障法制(の審議)で、プラカードを作り、シュプレヒコールあげ、反対しまくっていた。どうやったら選挙に有利な方に行けるかが最優先で、佐賀県をどう発展させるかは後。目的と手段を間違えている」と痛烈に批判した。

 佐賀県にはこの日の午後、希望の党の小池百合子代表が佐賀に来援することになっていた。小泉氏が「安倍政権を倒した後に、どんな日本を作りたいか聞こえてこない。ぜひ、小池さんに聞きにいってください」と触れると、観衆は大きく沸いた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう