記事詳細

慎太郎氏、枝野氏ベタ褒めのウラ 小池氏とさらに敵対で息子の勝利確実に?

 石原慎太郎元都知事は16日のツイッターで、立憲民主党の枝野幸男代表をベタ褒めした。立憲民主党は「護憲」などを掲げており、「憲法改正」が政治信条である慎太郎氏とは相いれない。希望の党の小池百合子代表(都知事)を“共通の敵”と見なして、勝手に秋波を送ったのか。

 「今度の選挙では候補者達の卑しい人格が透けて見える。戦の前に敵前逃亡、相手への逃げ込み、裏切り。まるで関ヶ原の合戦の時のようだ。その中で節を通した枝野は本物の男に見える」

 慎太郎氏はツイッターでこう激賞した。

 枝野氏は、小池氏から「選別・排除」され、慎太郎氏も豊洲新市場への移転問題をめぐり、小池氏に血祭りに上げられた経験がある。

 永田町関係者は「衆院選に、慎太郎氏の息子2人が出馬している。2人とも『苦戦必至』とみられていたが、野党分裂でややリードしているようだ。小池氏と枝野氏をさらに敵対させることで、息子たちの勝利を確実にしたい思いもあったのではないか」と語った。

 ベタ褒めの裏には、親の無限の愛があるのか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース