記事詳細

進次郎氏、小池氏に皮肉「都会も地方も全てを受け止める党に、気づきを与えてくれた」

 自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は22日夜、日本テレビ番組に出演し、同日投開票の衆院選で自民党が単独過半数を上回る見通しとなったことについて「まだ信頼回復の道半ば。これからそれができるかどうかが、次の任期の間で自民党が課せられた大きな宿題だ」と述べた。

 また、希望の党が「満員電車ゼロ」を公約に掲げたことにふれ、「自民党は都会も(乗客減に悩む)地方も全てを受け止めて、みんなから声が届くと思われる政党にしなきゃいけないという気づきを与えてくれた」と指摘。「野党の声も大事だ」と述べ、選挙戦で対決姿勢を鮮明にした希望の党代表の小池百合子東京都知事を皮肉った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう