記事詳細

原口元総務相が当選確実 希望の公認辞退し無所属出馬

 第48回衆院選の投票は22日午後8時に締め切られ、開票の結果、佐賀1区で無所属前職、原口一博氏の当選が確実となった。

 原口氏は当初、希望の党の公認候補として立候補する予定だったが、希望の党が比例代表に擁立した中山成彬元文部科学相が安倍晋三首相を評価する発言をしたのは「安倍政権の存続を認める方と一緒に戦うのは許容範囲を超えている」などとして、公認を辞退した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう