記事詳細

「ハゲ」暴言の豊田子氏が敗戦の弁「申し訳ない気持ちでいっぱい」

 第48回衆院選で、埼玉4区で敗退の見通しとなった無所属前職、豊田真由子氏(43)は22日午後10時55分ごろ、事務所で「申し訳ない気持ちでいっぱいです」などと敗戦の弁を語った。

 豊田氏は「私のひとえに力不足でございまして、応援くださったみなさま、お支えくださったスタッフ、ボランティアのみなさまをはじめ、本当にみなさまに申し訳ない気持ちでいっぱいです」などと話した。

 豊田氏は6月下旬、元政策秘書に対する暴言・暴行が週刊誌で報じられ、「この、ハゲーっ!」「違うだろ!」と絶叫する音声も流出。直後に自民党に離党届を提出して入院した。

 その後、9月18日に支援者向けの会合に出席して謝罪会見を開き、約3カ月ぶりに公の場に姿を現した。選挙期間は組織のバックアップのない中でおわび行脚を続けていた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう