記事詳細

山尾氏は自民前職と激戦、支援者が詰めかけ開票状況見守る 愛知7区

 第48回衆院選の愛知7区では、民進党時代に政調会長を務めた無所属前職の山尾志桜里氏(43)が、自民前職の鈴木淳司氏(59)と激戦を繰り広げた。22日夜、長久手市の選挙事務所には、山尾氏のイメージカラーである青の鉢巻きを締めた支援者が50人以上詰めかけ、テレビなどで開票状況を見守った。

 山尾氏は週刊誌で既婚男性との交際疑惑が報じられ、9月に民進党を離党した。序盤は無党派層の取り込みに苦労したが、住宅街での街宣活動に重点を置くなどして終盤に追い上げた。

 疑惑については一貫して否定。街頭演説では、子育て政策や女性の活躍推進に取り組んできた実績を強調していた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう