記事詳細

自民党「魔の2回生」小選挙区で「56勝35敗」

 第2次安倍政権が誕生した2012年の衆院選で初当選したものの、スキャンダルが相次いだ自民党系の「魔の2回生」。今回の衆院選には91人が挑んだが、小選挙区では「56勝35敗」となり、約38%が敗退した。

 夫が“ゲス不倫”報道で議員辞職した金子恵美氏=新潟4区=は、無所属の菊田真紀子氏(47)との「オンナの戦い」に敗れ、比例でも復活を果たせなかった。

 台風被災地の視察で長靴を持参せず、職員におんぶされて批判を受け、その後の不適切発言で内閣府兼復興政務官を辞任した務台俊介氏(61)=長野2区=も小選挙区で敗北。比例で救済され、3期目当選を果たした。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース