記事詳細

進次郎氏を直撃「総理大臣になりたいか?」の問いに…

 24日の「直撃LIVE グッディ」(フジテレビ系)で、自民党の小泉進次郎氏(36)が「将来、総理大臣になりたいか?」という直撃インタビューに答える様子が放送された。

 選挙戦、現場に密着した同局の番組スタッフが山形県鶴岡市で小泉氏を直撃。「1分だけ」という限られた時間の中、「率直にうかがいますけども、『政治家として将来は総理大臣になりたい』。そう思っていらっしゃいますか?」と投げかけた。

 小泉氏はまず「それが目的というよりも、日本が必ずもっと力を発揮できるあり方があると。安倍総理を見ていてもわかりますけど、世界の中の日本、かじ取り大変ですよ」と発言。そして「トランプ、プーチン、習近平、金正恩…。どう考えてもきれいごとで話、済まない相手でしょう。政治の世界の厳しい駆け引きとかね」と世界のトップたちの名前を挙げながら、総理大臣という職務の大変さを説明した。そして最後は「胆力すべてを兼ね備えないと、これからかじ取りは難しい時代ですから。力、つけなきゃね」と笑顔で結んだ。

 この日、番組は今回の総選挙でもフル回転した小泉氏を「圧勝の立役者」として特集した。安藤優子キャスター(58)は「とにもかくにも進次郎さん、目立ちましたよね」とコメント。その上で「進次郎さんが演説で使われた言葉が1つの波を起こした。小池(百合子)さんに対して『都政から引いて国政に出るのも無責任、出ないのも無責任』という言葉を使って演説したのが進次郎さんだったんですけども、あのあたりからガラッと潮目が変わって。進次郎さんの持つ言葉の重みっていうのはすごいなぁと思いました」と述べ、その活躍ぶりをたたえた。(zakzak編集部)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース