記事詳細

ある北朝鮮女性の悲劇…金正恩政権下で「ヤミ金」がまん延 (1/3ページ)

 北朝鮮で自殺は、「労働党と指導者に対する背信行為」という重大な罪とされている。しかし、世界保健機関(WHO)の2012年の統計によると、10万人あたりの自殺率(年齢調整後)のランキングで北朝鮮は38.5人。南米ガイアナ(44.2人)に次いで世界2位を記録した。ちなみに、韓国は3位(28.9人)、日本は18位(18.5人)だった。

 ■女子大生が拷問で

 罪とされているにもかかわらず、北朝鮮で自殺が多い理由として、WHOは貧困、制約が多い環境で住んでいることによる精神的なストレスを挙げている。その後の統計はないものの、国際社会の制裁強化で苦しい暮らしを強いられるようになったことで、自殺が増えている模様だ。

 貧困だけではない。北朝鮮当局の庶民に対する厳しい統制が自殺の理由になることもある。例えば、一昨年4月には韓流ビデオのファイルを保有していた容疑だけで、治安当局は悲劇的な末路に追いやるほど女子大生に過酷な拷問を加えた。

 (参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…

 北朝鮮の経済、とりわけ食糧事情は最悪の状況より改善されたものの、決していいとはいず、生活苦による自殺もを絶たない。両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋によると、道内の三水(サムス)郡に住む50代の女性はわずか30キロのトウモロコシを借りたことが自殺のきっかけとなる。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース