記事詳細

内閣支持率が急上昇、野党の醜態に愛想尽かしたか 読売、朝日の世論調査

 10・22衆院選を終えて、安倍晋三内閣の支持率が急上昇している。読売新聞の世論調査で、前回比11ポイント増の52%に、朝日新聞の調査でも4ポイント増の42%となり、ともに支持率が不支持率を上回った。安定政権への期待とともに、選挙後の野党議員の醜態に愛想を尽かしたのか。

 読売新聞によると、与党が定数の3分の2以上の議席を獲得した選挙結果について「よかった」は48%、「よくなかった」は36%だった。

 安倍政権に批判的な朝日新聞によると、安倍首相に今後も首相を「続けてほしい」は37%で、「そうは思わない」は47%だった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース