記事詳細

JFK暗殺機密文書が公開へ トランプ氏「すごく興味深いぞ」

 やはり単独犯か、それとも米政府や外国機関の陰謀か…。謎の多い1963年のジョン・F・ケネディ米大統領暗殺に関して、トランプ米大統領は25日、これまで非公開だった機密文書が26日(米国時間)に公開されると明らかにした。ツイッターで「長い間、楽しみにされていたJFKファイルの公開は明日だ。すごく興味深いぞ!」とあおっている。

 92年の法律は、ケネディ暗殺に関し中央情報局(CIA)や連邦捜査局(FBI)など米政府機関が作成した非公開資料を25年以内に公開するよう義務付け、その期限が26日になっている。

 CIAが延期を求めていたとされるが、法律上、公開を唯一差し止められるトランプ氏は21日、配慮すべき追加情報がない限り、公開を許可する意向を示していた。

 米国立公文書館によると、関連資料約500万ページのうち全面公開されているのは約88%で、約11%は部分的公開にとどまり、残り約1%の文書約3000件は完全に非公開としている。

 ケネディは63年11月に南部テキサス州ダラスで暗殺された。事件の調査委員会はリー・オズワルドの単独犯行と断定したが、陰謀説もくすぶり続けている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう